その他 盛り場対策をする警察庁

誰でもそうです ... 保安(楽しむことができる町への安心)のために

面白さセンターで、犯罪行為(例えば客引き、腹立たしい行為(例えば日本外国人への訪問によって
ギャングと薬違法な販売のうろつくこと)それが我々にエンターテイメントと休みを提供する場所として
間近にされる間、実行されるために楽である環境で食物とエンターテイメントを
提供する違法なビジネス)があります。

特に、それはギャングと国際犯罪組織による犯罪発生の温床になります。
そして、「面白さセンターの環境劣化」は直接「平和と順序の苛立ち」と関係があります。
4つの地区特別なタスクフォースのセッティング

4つの地区(私は以下の通りに4つの地区を言います。)「歌舞伎町、新宿」のうち、「池袋」
「六本木」と「渋谷」については(東京)を代表した面白さセンターでした。
そして、いろいろな問題がこれまで起こったので、警視庁は「4つの地区特別な処置」を進めました。
そして、関係管理と協同して、地域住民(ボランティア)は環境浄化のために行動を強化しました。

歌舞伎町、新宿地区は、国家典型的なケースで指名されます。
2005年6月28日(アーバンRejuvenation本部共同会議)に占拠される国の犯罪処置内閣会議では
歌舞伎町での行動は「大きい都市でダウンタウンのものでセキュリティ、安い予想を立てること」の
モデルとして始められます。
そして、その結果、まる11の地方の地区(東京歌舞伎町、新宿、池袋、六本木、渋谷地区で)の点で
同様である行動は展開されます。
copyright(C)DELI CHANNEL