盛り場 東京の歴史

現在の日本の東京は、政治的で、無駄がなくて、文化的なセンターにあります。
しかし、どこで、土地だけに対する支払われた注意が訪問した東京の中心です。
主要な=人々が集まる場所=面白さセンター(ダウンタウンの)と呼ばれている視点から
東京の面白さ中心の変更を調べたいです。

浅草の繁栄(1950年代を通しての1930年代)1930年代から関東大震災の前に走って、東京1と日本で
最高の面白さセンター現在、繁栄を誇りに思いました。

・感覚戟寺院への祈り東京の人居住者が日本を訪問した外国人はかつてセンソウ-戟テンプルを
訪ねなければなりません。そして、東京に行った人は場所として有名です。
日本の→センソウ-戟テンプルの門前町と呼ばれている伝統的な面白さセンターの形

・人々エンターテイメント場所映画とオペラと江戸以来ショー・ブースのようなモダンの要素と
ヨシワラと呼ばれている3つの文化的な要素のあたりの伝統的な元素の混合物と卑しさが→信仰の
後の娯楽である12階めの遊郭地区通り。

浅草から銀座まで浅草から銀座まで浅草と日本橋のために代用で
関東大震災(1960年代を通しての1940年代)
(1960年代を通しての1940年代)の後、突然の発展を達成します。
copyright(C)DELI CHANNEL